シチュエーション

お金のない女子の「毛深い」悩み5つの解決策

投稿日:

お金のない女子の「毛深い」悩み5つの解決策

ムダ毛は、女性の天敵。

「私って、毛深くてイヤ・・・」

「お金がないから、サロンには行けない」

そんな風に悩むことはありませんか?

ここでは、毛深くなる原因とその解消法をご紹介します。

毛深い悩みの解消方法5つ

毛深さを解消するポイントは、ホルモンバランスを整え、女性ホルモンの分泌を促すことです。

なぜ「ホルモン」が関係するのか、毛深くなる原因をまず解説します。

毛深い2つの原因

毛深い原因は、大きく分けて2つに分けられます。

生まれつきの先天的なものと、生活する中で影響を受ける後天的なものです。

はっきり言って、先天的なものはどうしようもありません。

先天的なもの・遺伝

毛深い原因の一つは、「遺伝」といわれます。

親の顔や体形が子どもに受け継がれるように、毛深さや体毛の質も遺伝すると考えられます。

そのため、両親のどちらか、もしくは両方が毛深い場合、その子どもも毛深くなることがあります。

また、「隔世遺伝」といって、祖父母やそれ以上前の世代から、世代をとばして遺伝することもあります。

参考:大研究 遺伝するもの、しないもの|現代ビジネス|講談社
   

後天的なもの

男性ホルモンと女性ホルモン

ホルモンバランスの乱れが、毛深さの原因になることがあります。

基本的に人間は、男性ホルモンと女性ホルモンのどちらももっています。

つまり、男性ホルモンのほうが多い人は男性、女性ホルモンのほうが多い人は女性というわけです。

働きの違い

男性ホルモンの働きの1つが「体毛の発育を促す」というもの。

一般的に男性の方が毛深いのはこのためです。

ホルモンバランスの乱れ

勘がいい方はお気づきかもしれませんが、毛深い女性は、この男性ホルモンが増加しているからです。

通常、女性は、男性ホルモンが女性ホルモンの10分の1程度です。

男性ホルモンが女性ホルモンの10分の1以上になったり、女性ホルモンが減少すると、毛深くなるのです。

参考:ホルモンバランスが乱れたときに出る症状と改善方法 | 整体・【整體院 快】
   

紫外線の影響

もうひとつ、後天的な理由として、紫外線の影響があげられます。

体毛は、身体を守るためにあります。

人体に有害な紫外線を受けると、皮膚の自己防衛がはたらいて、体毛が濃くなってしまうのです。

それでは、身近な所から、毛深さを少しでも解消する方法をお伝えします。

1、食べ物で解消する

日頃食べているものも、実は体毛と関係があります。

積極的に摂取したほうがいいものと、控えたほうがいいものは以下の通り。

豆乳を利用

積極的に摂るといいものは、大豆類です。

大豆食品には、「大豆イソフラボン」が多く含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似たはたらきをしてくれます。

肌のつやをよくしてくれたり、自律神経を安定させるはたらきがあります。

体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整えましょう。

参考:女性ホルモンとは【独立行政法人・株式会社インフォジーンズ】
    

大豆イソフラボンを多く含むオススメ食材は・・・

  • 豆腐
  • 納豆
  • 油あげ
  • きな粉
  • みそ
  • おから

食事を和食中心にすると、摂取しやすいですよ。

さらに、私の1番のオススメは、「豆乳」です。

もちろん豆乳にも大豆イソフラボンが多く含まれています。

調理する必要もなく、ただ飲むだけなので、楽ですよ。

でも、豆乳が苦手だという人もいるかもしれません。

最近では、飲みやすいようにした豆乳も売られています。

一般的にスーパーで売られている豆乳は3種類。

  1. (無調整)豆乳・・・大豆とお水から作ったシンプルなもの
  2. 調整豆乳・・・砂糖や油脂を加え、味を調えたもの。
  3. 豆乳飲料・・・果物やコーヒー・紅茶のエキスを加えたもの

引用元:キッコーマン株式会社キッコーマンソイフーズ株式会社 商品ラインナップ

ちなみに、大豆イソフラボンの含有量は、(無調整)豆乳>調整豆乳>豆乳飲料。

自分の食べやすい・飲みやすいもので、大豆イソフラボンを摂取してください。

肉類・塩分を控える

また、肉類や塩分を控えることも大切です。

肉類や塩分を多く食べると、高脂肪・高コレステロールに繋がります。

すると、血液中の脂質が多くなり、体内から皮脂を排出しようとします。

体内から皮脂を排出するのは毛穴です。

余分な皮脂を頑張って排出しようと、知らないうちに毛穴が広がってしまいます。

さらに、毛穴や皮膚の表面に溜まった汚れや古い角質が皮脂と混ざって、黒ずみの原因にもなります。

その結果、より毛深く見えてしまうことになります。

肉類や塩分は摂りすぎないようにしましょう。

参考:スキンケア大学 【医師監修】毛穴の開きの原因別・解決方法とは
   

2、睡眠で解消する

規則正しい生活は、ホルモンバランスを整えてくれます。

決まった時間に就寝・起床するようにしましょう。

また、睡眠はたくさん寝ることがいいわけではなく、質が大切です。

質のいい睡眠をとるには、22:00~2:00の間に睡眠をとると良いでしょう。

なぜなら、この時間帯には、深い睡眠を促すメラトニンが多く分泌されるからです。

深い睡眠は、ホルモンの分泌を促してもくれますよ。

3、紫外線対策で解消する

紫外線は、人体に有害なものです。

そのため、紫外線をあびると、体毛は身体を守ろうとします。

その結果、毛が濃くなってしまいます。

できるだけ、紫外線を浴びないようにしましょう。

特に、夏場の薄着や露出が高い服には気をつけてください。

4、ストレスをためないことで解消する

ストレスは、女性ホルモンの分泌を妨げる「副腎皮質ステロイド」を作ります。

「副腎皮質ステロイド」が作られると、女性ホルモンが減り、体内のホルモンバランスを崩してしまいます。

ストレスをためないために、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

例えば・・・

  • 趣味や好きなことに取り組む
  • 人と会って話す
  • 身体を動かす
  • 部屋の掃除、整理整頓をする
  • カラオケで大きな声を出す
  • ショッピングに行く
  • 髪を切る。髪形を変える

自分で楽しい時間を作り、ストレスをためないようにしてくださいね。

5、毛を剃る・毛を抜くことで解消する

カミソリで剃る

カミソリのメリットは、簡単に広範囲処理できることです。

しかし、カミソリ負け・黒ずみ・肌荒れの原因になります。

長期間、カミソリの処理を続けるのは、よくありません。

できるだけ使わない方がよいのですが、やむを得ず使用する際は、シェービング剤を使って、少しでも肌を守ってあげましょう。

毛抜きで抜く

持ち歩きができ、手軽に、1本単位の処理ができます。

しかし、毛抜きもカミソリ同様、肌トラブルの原因のもと。

毛穴がブツブツになったり、埋もれ毛の原因になります。

毛抜きもオススメはできません。

処理後のアフターケア(保湿)をしてあげてください。

脱毛クリーム

一般的に「脱毛」というのは、毛根から毛を取り除くことをいいます。

脱毛クリームは、名前に「脱毛」とはありますが、実際は脱毛とは違い、肌の表面に出ている毛を取り除くだけです。

そのため、繰り返し使う必要があるので、維持費がかかってしまいます。

プールや海など、必要な時のみに利用するとよいと思います。

電動シェーバー

購入時にはお金がかかりますが、長期で使えるメリットがあります。

肌に直接あたる外刃は、滑らかになっているため、肌刺激は少ないです。

その分、カミソリほど深く剃ることができません。

剃った後も、チクチクします。

効果より肌のことを考えるなら、電動シェーバーを使うとよいでしょう。

脱毛サロン

効果や肌のことを考えるなら、やはり脱毛サロンがよいでしょう。

最近では、中高生でも、サロンを利用する人が増えてきました。

サロンの1番の良さは、プロがしてくれることです。

肌へのダメージを最小限におさえ、アフターケアもアドバイスしてくれます。

脱毛効果も感じやすいです。

最初は他人に脱毛してもらうことに抵抗があるかもしれませんが、通ううちに慣れてきますよ。

私も通い続けると、いろいろ相談できるようになりました。

逆にネックになる点は、お金です。

最近、手が出しやすい価格で脱毛してくれる所が増えています。

サロンやコースによって、料金が大きく違うので、調べてみてください。

以下、料金もお手頃で効果も高いと評判のサロンを紹介します。

ミュゼプラチナム

「安くて効果も高い」のは、ミュゼプラチナム。

コースの中には「美容脱毛完了コース」というものがあります。

脱毛個所を決めたら、一定料金でありながら、期間・回数無制限で通えます。

早いうちから契約したり、毛深くて悩んでいる人には、ありがたいコースです。

ちなみに、未成年者は、契約時に親の同行、もしくは親権者同意書の提出が必要です。

ミュゼの100円脱毛、期間いつまで?何回?を徹底解説

脱毛ラボ

リーズナブルなお値段で、全身脱毛をするなら、「脱毛ラボ」。

全身脱毛の中には、デリケートゾーンも含まれています。

料金の支払いは月額制になるため、毎月の負担がかなり軽くなりますよ。

未成年者は、親権者の同意書が必要になります。

なお、17歳以下の場合は、カウンセリングの際に必ず親の同行が必要です。

脱毛ラボのガチ体験談、口コミ・評判・効果を徹底解説

ところで話が変わりますが「おしり(Oライン)の処理」

アンダーヘアの中で、一番処理が難しいOライン。

そのため、最近では、脱毛サロンやクリニックにいく人が増えています。

それでも、「サロンやクリニックに行くには、お金が・・・」という方もいるでしょう。

ここでは、どうしても自己処理で対応しなくてはならない時の方法と注意点を紹介します。

まず、Oライン=肛門周りの特徴を知りましょう。

  • 皮膚が薄く、重なり合っている
  • 刺激に弱く、敏感
  • 肛門周辺のため、雑菌が繁殖しやすい
  • 直接見て処理ができない場所である

このことを踏まえた上で、処理の仕方をみていきましょう。

カミソリ

ムダ毛処理にカミソリを利用する人は多いでしょうが、OラインにはNGです。

万が一、皮膚がカミソリ負けしたり、怪我をした場合、大変なことになりかねません。

シェーバー・ヒートカッター

シェーバーやヒートカッターは、カミソリに比べれば、けがの恐れは低くなります。

しかし、やりにくさを考えると、オススメできません。

もし、シェーバーやヒートカッターで処理する場合は・・・

  • 処理前に、蒸しタオルなどで温め、ムダ毛を柔らかくする
  • ワセリンで、肌を保護して行う。
  • 処理後、化粧水やクリームなどで保湿をする

必ず、肌をいたわってあげてください。

除毛クリーム

私が1番、安心でオススメするのは、除毛クリームです。

その理由は、ケガの心配がないこと。

Oラインは、Vラインと違い、形を気にすることはありません。

ですので、除毛クリームで完全に脱毛しましょう。

敏感なOラインに使う除毛クリームを選ぶときに気をつけてほしいのは、この4つ。

  1. 肌への刺激を考えたもの
  2. デリケートゾーンにも使えもの
  3. 肌のケア(保湿・保護)を考えたもの
  4. 値段と効果(脱毛力)が見合っているか

トラブルが起きやすい場所ですから、慎重に選んでください。

評判がいいのは「パイナップル豆乳ローション」です。

肌への刺激を減らすため、ハーブエキスが配合されています。

そのため、デリケートゾーンにも使うことができます。

また、最新の技術が使われており、除毛クリーム独特なニオイも気になりません。

値段も1本3000円以内ですみます。

リーズナブルで、お金がないという人でも、手が出しやすいです。

まとめ

女性なら、ムダ毛に悩むのは当然です。

程度の差はあると思いますが、諦めないでほしいです。

だって、きれいになったら、嬉しいですから。

解消法や処理方法は、たくさんあるので、ぜひ自分にできることから、はじめてみてください。

良く読まれる記事Best3

1位 脱毛サロン「コスパ」ランキング

脱毛サロンランキング

ライターが実際に通って決めた脱毛サロンの”コスパ”ランキングです。

初めて脱毛をする人に向けて一番安く・効率良く脱毛出来るサロンを紹介します。

2位 VIO脱毛まとめ

VIO脱毛

VIOの処理はどうすれば良いの?

自己処理?おすすめサロンは?オトコウケする形は?VIOについてまとめました。

3位 ミュゼのキャンペーン脱毛

ミュゼ脱毛

ミュゼは安いって聞くけど、なんで?

勧誘はないの?予約は取れる?本当にワンコイン?そんな疑問にお答えします。

-シチュエーション

Copyright© 超脱毛.com , 2017 All Rights Reserved.