永久脱毛

自宅で永久脱毛はできる?除毛クリームや家庭用脱毛器ってどうなの?

投稿日:2018年7月6日 更新日:

自宅で永久脱毛はできる?除毛クリームや家庭用脱毛器ってどうなの?

自宅で永久脱毛はできるのか?と疑問がある方へ。

このページでは家で永久脱毛ができるかどうかはもちろん、簡単で便利な「除毛クリーム」や「家庭用脱毛器」、また「脱毛サロン」や「クリニック」での脱毛方法と効果についてまとめました。

自宅で永久脱毛はできない!

自宅で永久脱毛はできない!

結論から答えてしまうと、自宅では永久脱毛が出来ません。

そもそも「永久脱毛」とは、米国電気脱毛協会によると『最終脱毛日から1カ月後の毛の再生率が20%以下』と定義されています。

この『最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下』というのは脱毛前に比べ、明らかに毛の量が減っており、かなり高い脱毛効果を発揮した場合にのみ可能な状態です。

そのため個人でも扱える「脱毛器」や「除毛クリーム」等では、永久脱毛と呼べる高い脱毛効果を出すことはできないのです。

医療クリニックだけが、「永久脱毛」と呼べる脱毛効果を発揮できます。

永久脱毛は、毛をつくる「毛根」という組織を破壊することで可能になるのですが、その「毛根」を破壊する行為を医師法では医療機関のみ可能と定めています。

また、永久脱毛とよべる効果を出すためには、火傷や痛みなどの肌トラブルが起きる可能性が高いため、すぐに対処ができるよう医師がいる医療機関だけが施術を認められているのです。

おすすめ医療脱毛クリニックはコチラ

医療脱毛クリニックおすすめランキング

自宅で出来る脱毛方法とその効果

「除毛クリーム」や「脱毛ワックス」の効果

「除毛クリーム」や「脱毛ワックス」の効果

それでは永久脱毛ではない「除毛クリーム」や「脱毛ワックス」のメリットとは何なのでしょうか?

キーワードは「美肌」です。

カミソリは肌を傷める

いちばん手軽な毛の自己処理法として、カミソリでの処理がありますが、実は肌を傷める大きな要因としても知られています。

カミソリで肌の上を滑らせると、肌のうるおいを保つ大事な表皮まで削ってしまう可能性があるため、肌トラブルの原因になります。

また、多くの方は浴室で処理をするかと思いますが、浴室の水分でカミソリに雑菌が増え、毛穴が炎症を起こす原因にもなります。

除毛クリームが流行る理由

除毛クリームが流行る理由

そこで、肌のトラブルを防ぐため、除毛クリームやワックスを使用する人が増えています。

基本的には、脱毛クリーム(ワックス)を塗る→時間を置く→脱毛クリーム(ワックス)を取り除くの流れで、とても簡単です。

保湿成分を配合している商品が多く、肌の乾燥も防げます。

また、効果が最大で1カ月続くものもあり、カミソリで処理するより毛が生えるペースが遅いことも大きなメリットといえます。

人気の脱毛クリーム一覧|実際に使ったランキング

人気の脱毛クリーム一覧|実際に使ったランキング

家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い

自宅で出来る脱毛法として、最近人気なのが家庭用脱毛器です。

自宅でフラッシュ脱毛ができるというものですが、医療で行うレーザー脱毛とフラッシュ脱毛とでは『レベルの高さ』が違います。

もちろん、機械に冷却機能がついていたりと細かい違いはありますが、毛を処理する原理としては基本的には同じです。

黒いものに反応する光を肌に照射し、毛幹や毛根にダメージを与え脱毛を促します。

ただし、フラッシュ脱毛の効果はレーザー脱毛と比べるとかなり劣ります。

家庭用脱毛器の効果

エステサロンや医療機関での脱毛と比べると、効果の面で劣ってしまう家庭用脱毛器ですが、正しく使用すればしっかり脱毛効果もあり、また家庭用脱毛器ならではの良い面もあります。

大体5回~10回程度のケアで毛が減ったと感じる方が多いようです。

産毛すら生えないという状態は難しいかもしれませんが、使い続けることによって毛は細くなり、自己処理が楽になります。

また、脇や男性のヒゲなど毛が濃い部位は光が低いレベルでも反応しやすいため、効果が出やすいといわれています。

自宅で出来るので、忙しくてサロンに通えない方や、永久脱毛までは求めていないけれど、自己処理が楽になるように“減毛”を求めている方におすすめです。

脱毛器一覧ランキングはコチラ

脱毛器一覧ランキング

脱毛サロンと医療クリニックでの脱毛の違い

エステサロンでの脱毛

エステサロンでの脱毛

エステサロンでの脱毛は主に3種類あります。

  1. ミツロウや松脂を使ったワックス脱毛
  2. 歴史が古く脱毛効果が高いニードル脱毛
  3. 1番人気のフラッシュ脱毛

料金や脱毛内容など、幅広いニーズに対応しています。

1.ワックス脱毛

ミツロウや松脂などを脱毛したい部位に塗り、専用のペーパーで一気にはがす脱毛法です。

続ければ、多少毛が細くなることもありますが、抑毛効果はなく、今生えている毛をその場で処理したい方におすすめの方法です。

わたしも何度か受けたことがありますが、想像していたより痛みが少ないのが印象的でした。

2.ニードル脱毛(美容電気脱毛)

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

ニードル脱毛(美容電気脱毛)は脱毛の中でいちばん歴史が古く、140年の歴史があります。

初めは、逆さまつ毛の治療のために開発されました。

ニードル脱毛には、医療機関で受けられる『絶縁針脱毛』とエステサロンで受けられる『美容電気脱毛』があります。

どちらも毛穴に針を挿入し、毛根に電気を流します。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛と違い、白髪でも脱毛できるのが特徴です。

ニードル脱毛はエステサロンで行う場合でもかなり脱毛効果が高いのですが、その分痛みを感じやすく肌トラブルが起きやすいというデメリットもあります。

【体験談】ニードル脱毛(永久脱毛)の効果や痛みについて

【体験談】ニードル脱毛(永久脱毛)の効果や痛みについて

医療クリニックでの脱毛

医療機関での脱毛は主に2種類です。

上記で説明した絶縁針を使うニードル脱毛、そしてもう一つがレーザー脱毛です。

永久脱毛がしたい方、高値でも肌トラブルなどへのアフターサポートがほしい方におすすめです。

1.ニードル脱毛(絶縁針脱毛)

1.ニードル脱毛(絶縁針脱毛)

ニードル脱毛は効果が高く、永久脱毛として認められています。

また、エステサロンで行う美容電気脱毛との違いは、針の種類です。

エステサロンでは“電気針”という針と接触する皮膚にも熱が伝わるものを使用しており、医療機関では“絶縁針”という皮膚と接触する部分が絶縁され、熱が伝わらないものを使用します。

ただし、エステで使用する針は出来るだけ皮膚と接触しないよう細いものを使用しているので、必ずしも危険ということはありません。

処理に時間がかかることや技術者不足のため、ニードル脱毛を医療機関で行っているところは少なくなっています。

2.レーザー脱毛

現時点ではいちばん手軽な永久脱毛と言えます。

フラッシュ脱毛と同じく、黒いものに反応する光を肌に当てる方法です。

ただし、フラッシュ脱毛とは光のレベルが異なり、レーザー脱毛はより毛根にダメージを与えます。

光の強さでいうと、医療機関でのレーザー脱毛→エステサロンのフラッシュ脱毛→家庭用脱毛器の順番です。

まとめ

  • 自宅で永久脱毛はできない
  • 永久脱毛は医療機関のみ受けられ、種類はレーザーとニードル脱毛のみ
  • 永久脱毛とは『一生一本も毛が生えない』ということではなく、『最終脱毛日から1カ月後の毛の再生率が20%以下』
  • カミソリを使ってムダ毛処理をすると肌が荒れやすい
  • 自己処理をするなら脱毛ワックスや除毛クリーム、家庭用脱毛器がおすすめ
  • 家庭用脱毛器はエステと同じフラッシュ脱毛。しかし光のレベルが違うため効果が緩やかで、効果がわかるには5~10回程かかる
  • 光の強さは、医療機関でのレーザー脱毛→エステサロンのフラッシュ脱毛→家庭用脱毛器の順番

永久脱毛とは毛根を破壊する行為のことで、医療機関でのみ受けられます。

ただし口コミを見てみると、家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛で、ほとんど毛が生えてこなくなった方もいるようです。

家庭用脱毛器で毛の量を減らし、残った部位をニードル脱毛で確実に処理するという方法も良いと思います。

永久脱毛ではありませんが、メリットいっぱいの自宅脱毛。

やってみる価値は大いにありそうです。

◆値段別で探す◆

◆部位別で探す◆

◆サロンVS医療◆

良く読まれる記事Best3

【9月30日まで】ミュゼの「期間限定」脱毛

ミュゼ脱毛

ミュゼは安いって聞くけど、なんで?

勧誘はないの?予約は取れる?脱毛効果は?そんな疑問にお答えします。

脱毛サロン「コスパ」ランキング

脱毛サロンランキング

ライターが実際に通って決めた脱毛サロンの”コスパ”ランキングです。

初めて脱毛をする人に向けて一番安く・効率良く脱毛出来るサロンを紹介します。

VIO脱毛まとめ

VIO脱毛

VIOの処理はどうすれば良いの?

自己処理?おすすめサロンは?オトコウケする形は?VIOについてまとめました。

-永久脱毛

Copyright© 超脱毛.com , 2019 All Rights Reserved.